こぱんだーるの見る世界~1年間の高校留学~

カナダに留学する女子高校生 / トビタテ留学Japan4期生 アカデミックロング / 埼玉発世界行き奨学金 高校生コース / 東京都おもてなし親善大使

高校留学生のケベックシティ旅①移動

どーも。こぱんだーるです

 

実は、今ケベックシティに旅行に来ています。(以前のブログで書きましたっけ?)

 

元々は、ケベックシティ近郊のスキー場で行われるモーグルのジュニアナショナルズ(日本でのジュニオリ・インターハイ)に参加する予定であり、大会の参加資格も得ることができていました。

その矢先に起こった前十字靭帯断裂。「ケベック行きたい!」ということで、スキーチームの人たちとケベックシティへ。

f:id:kopanda2018:20190319104046p:plain

今回は、その移動日(3月11日月曜日・12日火曜日)についてです。移動はほぼ全て自分ひとりでした!

 

まず、ペンティクトン空港からカルガリー空港への移動。11日月曜日15:15にペンティクトンを出発!空港まではホストファザーが送ってくれました。今回、お世話になったのはエストジェットという航空会社で、ケベックシティへの行きかえり全てこの会社の便です。

 

f:id:kopanda2018:20190319104149j:plain

パスポートを見せて、チケットを発行してもらい、保安検査場と通り、少し待って、そこから、プロペラ機を使い、1時間ほどのフライト…トマトジュースとプレッツェルを出してくれました!

f:id:kopanda2018:20190319104401j:plain

f:id:kopanda2018:20190319104517j:plain

f:id:kopanda2018:20190319104926j:plain
カルガリー時間で17:20ぐらいにカルガリー空港に着きました。1時間の時差がありました。

カルガリーで夕飯を食べて、ブログを書いて、ケータイを充電して…夕方の空が綺麗だった

f:id:kopanda2018:20190319110142j:plain

ところどころのイスの間に看板のようなものがあり、コンセントとUSBアダプトの穴があり、充電ができます。

f:id:kopanda2018:20190319104957j:plain

また、フリーWi-Fiも簡単にコネクトでき、サクサクと使うことができました。YouTubeで音楽聞きながら、ブログアップしても全く問題ないぐらいにはサクッサクでした。6時間45分をカルガリーで過ごしました。

 

カルガリーを12日火曜日の0:05に出発し、トロントへ向かいました。

f:id:kopanda2018:20190319105038j:plain

3時間45分のフライトで、2度目のトマトジュースとプレッツェルをもらい、睡眠に費やしました。ご飯の提供は無く、ひたすらに睡眠に使っている人ばかりでした。そりゃ、深夜便ですもの。

ちょっとびっくりしたのが、飛行機内でマクドナルドのプレミアムローストコーヒーが注文できるということ。CAさんが配ってくれる通常の飲み物とは別の追加料金で注文をすることができるようでした。

f:id:kopanda2018:20190319105754j:plain

 

トロントには、トロント時間の5:50に到着。朝ごはんは、ブースタージュースでスムージーを飲みました。珍しく飛行機で爆睡できず、時差ぼけもあり、スムージーぐらいしか飲めませんでしたが、スムージー飲んだらよくなりました。

トロントでは、4時間半の待ち。ここもWi-Fiサクサク&充電可能だったので、ブログを書いたり、休む分の授業の動画を見て学習したりしました。

f:id:kopanda2018:20190319105138j:plain
トロントを10:15に出発する予定の飛行機でしたが、飛行機のトラブルがあり、少し遅れて10:40にケベック空港に向けて出発。

f:id:kopanda2018:20190319110343j:plain

f:id:kopanda2018:20190319110516j:plainトロントCNタワーとロジャースセンターが見られました

f:id:kopanda2018:20190319110423j:plain




プロペラ機で1時間45分のフライト+3度目のトマトジュースとプレッツェルを楽しみ、ちゃんとお昼寝(朝寝)をしながら、ケベックシティ空港に到着。

 

下りた瞬間、焦りました。

 

「ヤバイ、英語じゃない」

 

全くれない状態での留学ってこんな気分なんだと体感しました。当たり前ですが、全てがフランス語で、周りもフランス語で、トイレさえフランス語。もう、不安感のせいで、独り言が止まりませんでした。何かしゃべっていないと不安になってしまうという、お化け屋敷現象ですね(笑)

 

飛行場をでたところで、他の便で来たスキーチームの人と合流。ホテルまで連れて行ってもらいました。

 

ホテルにチェックイン後は、お昼寝して…19時手前まで寝てしまいました(笑)

そこから、スキーチームの人と夕飯を食べて、部屋に帰って、シャワー浴びて、寝ました。

 

自分ひとりで行動するうえでの乗換は最多の回数で、空港の滞在時間もカルガリートロント合わせて11時間15分というのは、そうそう経験することもないと思います。

 

不安な面も大きかったですが、なんとか現地まで到着することができ一安心って、感じでした。

 

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外の人にじゃんがりこを食べてもらった!~好評だったけど、理解してもらえないサラダ味~

どーも!こぱんだーるです

 

今日のテーマは、「海外の人にじゃがいこを食べてもらったら?」です

f:id:kopanda2018:20190312100124g:plain

以前日本から送ってもらったじゃがりこを食べてもらい、感想をもらいました。

食べてもらったのは、チーズ味、サラダ味、じゃがバター味の三つです。私はじゃがバターが好きなので、自分で食べてしまいたかった…(笑)

 

食べてほしいじゃがいもの日本のスナックがあるんだけど、と話しじゃがりこを開けてもらうところからしてもらいました。見たことのないタイプの包装であるため、驚いている人もいましたが、普通に開けていました。

 

食べてもらうと「ポテトチップスみたい」とのこと。まあ、そうですね。ジャガイモの形が違うだけといえばそうか。

カナダやメキシコ、ドイツ出身の友達に食べてもらいましたが、どの国の人にも好評で、美味しいと言いながら食べてくれました!!

彼らの国にスティック状のじゃがいものお菓子は無いそうで、珍しい!と言っていました

3種類の味の中では、チーズが一番人気でした。ポテトチップスにもあることから、どの国の人にも親しみやすい味のようです。

食べてもらう中で困ったのは、「サラダ味」の説明。何味かを聞かれ「サラダ」と答えると不思議そうな顔をされるばかり。食べると美味しいと言ってもらえるのですが、どうにもサラダと思えないそうです。

カルビーは、「『じゃがりこサラダ』は、ジャガイモを蒸かしてつぶし、ニンジン・パセリを入れて味付けをしたポテトサラダをイメージして作っています。そのため、「サラダ」という商品名にしました」と公表しています。日本人でも、あれを食べてサラダを感じることは難しいですから…

 

何名か、じゃがりこ3種類とも味が薄いと言っている人がいました。ドリトスなどパンチの聞いた味付けを好む人からすると、日本の薄味感は薄すぎると感じてしまうようです

 

意外にも注目を集めたのが、バーコード。

f:id:kopanda2018:20190312100107j:plain

キリンがちょっとしたおやじギャグを言っていたり、走っていたりといったデザインに驚いている人、興味を持った人が多かったです。そして、そのギャグの意味を伝えるのがとても難しかった…ははは

 

多くの人から好評だったじゃがりこ。今のところ、カナダで売られているのは見たことがありません。

 

みなさんも、海外のお友達に紹介してみてはいかがでしょうか?もっと日本らしい味(海苔や醤油など)の味は、どんな反応になるのでしょうか。地方限定のじゃがりこで、住む土地の名物を紹介するものいいですね。

 

ではでは~

 

わらび餅を食べてもらったときのこと↓

kopanda.hatenadiary.com

 

お好み焼きを食べてもらったときのこと↓

 

kopanda.hatenadiary.com

 

送ってもらったときの荷物は他にもこんなものが↓

 

kopanda.hatenadiary.com

 

 

 

【カナダ留学前・検討中の方必見!】カナダ留学フェアのススメ

こんにちは。こぱんだーるです!

 

今回は、「カナダ留学フェア」についてです!

f:id:kopanda2018:20190312141154j:plain

何それ?とってなしまうかもしれませんが、カナダ留学を検討している人は、行って損することはないものです

 

カナダ留学フェアとは?

カナダ大使館が主催するカナダへの留学・ワーキングホリデー・移住に関する情報を得ることのできる説明会です。私は、カナダへの留学を考え始めた中学2年の秋(親と)、中二の春(入院中で親のみ)、中三の秋(一人)、中三の春(両親と)といった感じで、計4回利用しました。

www.canada-ryugaku-fair.com

f:id:kopanda2018:20190312141557j:plain

どのような情報が得られる?

得ることのできる情報はたくさんありますが、わかる限り書いていこうと思います

①留学の基本的な情報

留学してみたいけどどんな留学があるのか、どんな方法があるのか、どんな人が留学に行くのか、などぼんやりとした興味でも大丈夫。留学自体のセミナーや、留学体験者の生の声を聴くことができます。

 

②留学先機関探し(学校・語学学校)

公立・私立の小学校、中学校、高校の地域教育委員会や、大学、カレッジ、語学学校などがブースを出しています。カナダへ私費留学する場合、地域の教育委員会を通じて申し込むことになります。私の場合は、オカナガンスカハ第67学区です。

現地の学校の規模や、日本人の人数、学校近辺の情報や、授業教科、カリキュラムに至るまで何でも質問することができます。注意しなくてはならないのは、留学先機関の担当者が全く日本語が話せない場合が往々にしてあるということ。日本人のサポートがついている場合や、日本語が話せる人の場合もありますが、どちらかと言えば少数であり、そこそこに英語で会話をすることができないと重要な情報を得ることができない場合もあります。

語学学校の場合、留学フェアがきっかけで申し込むと、大きく割引がなされる場合もあるので、既に心が決まっている場合でも言って話を聞くことは有意義だと思います。私は語学学校に通うことはありませんでしたが、複数の語学学校から入学金がタダになったり、授業料5%オフのチケットをもらいました。

f:id:kopanda2018:20190312141311j:plain

www.canada-ryugaku-fair.com←2019年春(3月)の情報

 

奨学金探し

奨学金団体もブースを出していて、経験者に話を聞くこともできます。私は、そこでトビタテのブースに行き、トビタテ経験者の方にお話を伺うことができました。

 

④資料を集めることができる

カナダの州ごとの教育や、奨学金、観光などに関するパンフレットなどをもらうことができます。日本語で書いてあるものが多く、学区の特徴などを大まかに知ることができるため、留学先を探しているときはとても有難い資料ばかりでした。

f:id:kopanda2018:20190312141346j:plain

f:id:kopanda2018:20190312141514j:plain

 

⑤留学者の生の声が聴ける

留学後の留学経験者の方に質問できるブースがあります。語学留学をした人、ワーキングホリデーを経験した人、短期留学の人など様々です。疑問に思っていることや、不安に思っていることについて相談・質問できるチャンスです。また、地域教育学区のブースに留学経験をした人がいる場合もあるので、留学先の留学生視点の情報を得ることができます。

f:id:kopanda2018:20190312141407j:plain

 

⑥ビザに関する情報を得られる

カナダの就学ビザやワーキングホリデーに関するセミナーや、資料をもらうことができます。ホームページにおいてカナダのビザに関する説明は、ほぼ英語であり、日本語では大まかな部分しか書かれていません。どのような手順で、どのような書類を用意しなくてはならないかなどを知るには、とてもいいセミナーになっています。実際、ビザ申請に関する細かい書類に関しては、英語で読み、英語で作成することになりますが、事前に日本語で説明を聞くことで理解の不一致を防いだり、見通しを持ってビザ申請を行いやすくなったと感じています。

f:id:kopanda2018:20190312141430j:plain

 

料金

こんなにも多くのことを知ることができる留学フェアの料金は、なんと無料!それどころか、事前にオンラインで申し込むとトートバックやクリアファイルまでもらえてしまいます!

 

持ち物

顔写真付き身分証明書のみが必須です。学生証や免許証、パスポートなどが有効です。メモを取るための筆記用具があるといいと思います。

 

服装

大使館だから…と心配する必要はありません。私服でOKです。

 

時期

毎年3月と11月の年2回、東京と大阪(11月のみ)で開催されています。次(2019年春)は、東京のカナダ大使館3月15日金曜日(11:00-19:00)・16日土曜日(11:00-17:00)です

冬も春も同じ内容の説明を受けることができますが、学区の担当者さんが年に1回しか来ていない場合もあるので、気になっている教育学区がある場合は、事前のホームページで確認をしておくといいと思います

 

まとめ

私は、このフェアに行き、留学への決意が固まったり、留学をより具体化することができました。逆にこのフェアに行っていなかったら、今私はカナダに来ていないと思います。実際にどのようにカナダ留学フェアから今の留学に至ったかはこちらの記事に書いています。

kopanda.hatenadiary.com

 

kopanda.hatenadiary.com

 

 

 

興味のあるかたはぜひいってみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~

 

※写真はカナダ大使館がホームページに載せているものを使わせていただきました

 

どのようにして2018年を過ごしてきたか↓

kopanda.hatenadiary.com

 

現在、前十字靭帯断裂中です↓
kopanda.hatenadiary.com